youhome サイトマップ お客様窓口 株式会社ユーホーム
トップページ
ユーホームの家
マイホームご紹介
すまいづくり
会社概要
よくある質問
資料請求

間取りデザイン集










よくある質問

OMソーラーハウスについて 一覧に戻る



OMソーラーシステムって?
 
ソーラーというと、太陽熱温水器や太陽光発電を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、違います。OMソーラーは、日中、屋根に降り注ぐ太陽の熱を室内に取り込み、夜、外気温が下がると昼間床下に蓄えられた太陽熱が放熱を始め、床から温まるしくみです。また、新鮮な外気(空気)を利用するため、暖房しながら換気を行うことができます。さらに夏は、熱い空気を利用してお湯を採ったり、夜には涼風を室内に取り込んだりと、一年を通して活用できる多機能なシステムです。



夏はどのように利用するのですか?
 
OMソーラーは冬ばかりではなく夏の夜、室内よりも外気が涼しいと感じるときは『涼風採りこみ』をします。夜、晴れているほど、放射冷却され、外気温や屋根面温度 が低下し、より涼しい空気が採りこめます。夕方から夜の早いうちは、温まっている屋根やダクトが冷めるのを待つのみになります。
  その効果は夜の外気温の下がり具合によって変わります。涼風採りこみ自体エアコンや大きな窓を全開して開ける通風と比べると効き具合は小さいですが、窓を閉めているときの採涼と換気としては有効に働くのです。夏のOMはエアコンのような涼しさを得る事はできません。その代わり、湿度の高いじめっとした室内でもありません。暑いと感じる方もいらっしゃると思いますが、そこは住まい手の皆様の工夫を凝らして簾をかけたり緑陰をつくったりとオリジナリティーのなせる技で快適に過ごされていますよ。
  夏の昼は太陽の熱をめいっぱい利用して『お湯採り』をします。ハンドリングボックスの中に組み込まれている『お湯採りコイル』の中には不凍液が流れています。太陽熱によって不凍液を温め『OM貯湯槽』へ循環させ、貯湯槽の水を温める仕組みです。お湯採りは夏だけではありません。春から秋にかけても可能なのです。お湯は春から秋にかけて30℃〜50℃の温度で1日約300リットル採れます。(地域差はあります)雨が降ったりなどで、貯湯槽内の水の温度が低い時は、給湯ボイラーを追い炊きにします。この時点でも水温はある程度温かくなっているので、お風呂を沸かす際の燃焼エネルギーは少なくて済みます。




ページの先頭へ


Copyright (C) 2004 YOUHOME co.,ltd. All Rights Reserved.